とあるゲームプログラマの挑戦と敗北の歴史

UE4とプログラミングとmayaとpythonとマラソンを中心に情報を発信する元「技術ブログを目指すブログ」から再始動した毎日の日々を発信するブログです。

ゲーム数学:頂点とカプセルの交差判定

頂点とカプセルの交差判定についてもおぼえがき

 

p0:カプセルの座標0

p1:カプセルの座標1

r:カプセルの半径

q:交差するかしらべたい頂点座標

とした場合における交差判定処理を記述

 

さっそくですが、別記事の

頂点座標を直線に投影する方法の処理により

投影座標をもとめる

そして直線内の投影座標を線分内の頂点に収めておく

f:id:toncrimentan_w:20200429141949j:plain

あとは投影座標と頂点座標の距離がカプセルの半径より大きいか小さいかで判別完了

length = (proj-p).length()
if( length < radius )
{
    交差する
}else
{
    交差しない
}

おしまい。





































































































































































































































































































































































































www.toncrimentan.online

 

あとは